2017-06

【17.06.19.】更新[B-Romance]

『いつの間にか』3章upしました。
せめて週に1度くらいは更新できるといいなあ、と思いつつ、あっという間に執筆中のところまで追い付いてしまいそうなので(まだ脱稿してない)、ぼちぼちと少しずつペースを落としながら更新していく所存…。
ネタをボツにできない勿体ない症がボツ認定したものを供養しているだけの小噺なので、気楽に遊ばせてもらいます。

すっかり夏、という感じで、ついに長袖から解放です!
冷え性なので、周囲がみんな夏ファッションの中、長袖着て歩いているのが何気に恥ずかしかった…。///
通勤通学の方たちは既に大変ですね。
先般、所用で市内の地下鉄に乗る機会があったのですが、電車内では冷房ガッツリ利いていて寒かった…。
そして一歩外に出て夏の陽射しを浴びれば暑いし、その温度差に体力をすごく奪われそう…。


所用、というほど大したことではないんですが(笑)、父の日のプレゼントを選びにいくついでに、前々からこちらのtweetを見て気になっていた『Junk Story』なるラーメン屋さんに行ってきました。
こちらの記事にレポされている『純白の鶏白湯らーめん』はイベント限定ラーメンですでに終了しているのですが、スープが売り切れになるまで(という前置きを付けないと売り切れて営業終了時間前でも営業終了しちゃうくらい人気のお店みたいです)オーダーできる濃い口醬油ラーメンがめっちゃくちゃおススメです!
ニンニクチップINがさらにオススメ、乾燥チップなのでさほど食後の口臭も気にならないと思います。
一緒に行った家人がこれオーダーしたんですが、隣にいてもそれほどニンニク臭が気にならなかったので大丈夫だと思うのですが…。
ただ私は嗅覚かなり鈍いからなあ…どうだろ?;
それぞれのラーメン店がお互いの自慢の味をインスパイアして/されて、そこに自店舗の味も加えて、なのにさらに美味しい――というwin-winなコラボ、なんだかどんなジャンルでも「創作」ってのは楽しそうで、それに受け取る側も楽しませてもらえるので、ステキな企画だなあ、と思いました。^^
twitterのタイムラインを眺めていると、しばしば企画参加募集も見掛けるので、つい参加したくなってしまいます。
まともに執筆時間取れる立場にないので、結局はこっそりと眺めて開催されるとこそこそっと読みに行くだけにとどめているのですが。

今はこの企画に注目しています。
上限2000文字なら隙間時間に読みに行けそう。
しかし皆さん、すごいですね…その文字上限だと私には物語を収めきれない…。泣
 

【17.06.12.】連載開始[B-Romance]

衝動の赴くままに、唐突に連載開始。
『いつの間にか』1章と2章upしました。

ネタを思いついたのはかれこれ1年前なのではなかろうか…(亀)
電子で配信していただいた喫茶店ネタ(と当初言っていたけど最終的には喫茶店あんま関係ない話になったアレです;)とほぼ同時期に
「とにかく深く考えたり背景考えたりせずにひたすらエロ重視のもの書くくらいの気構えでTo-yaの場合は丁度いい(多分)」
みたいなことを言われて「そうか!取り敢えずエロか!」となって、ルームシェアものならシチュいくらでも浮かぶか?と思ってその舞台設定から入って……はい、安定の失敗です……エロとか軽いノリとか、そういう意味で……。

orz

シェアハウスと仮呼びしていたんですが、もはやシェアハウスも関係ない、ただの幼馴染ネタです。
桜のお話と被ってる気がしないでもない(と自分では思っている)
陽大は奈都ほどおとなしい子ではないので、キャラは被ってませんが、己の抽斗の少なさを思い知っております。
そして脱稿まだできてません(通常運転)

ぼちぼちのんびりと更新していきたいと思います。
お付き合いいただけると幸いです。
 

【17.05.24.】『ニューヨーク・ニューヨーク』感想[B-Romance]

ニューヨーク・ニューヨーク 1 羅川真里茂 ・著

あらすじ:
 ニューヨーク市警に勤めるケインは、同性愛者であることを隠し、一夜限りの相手を求めて夜ごとマンハッタンに繰り出していた。
 だが理想の青年・メルと出会い、運命の愛を見つけることに…。
 ゲイをテーマに愛とヒューマニズムを描く野心作!
(amazon.co.jp 作品紹介文より引用)


ニューヨーク・ニューヨーク 2 羅川真里茂 ・著

あらすじ:
 結婚式の翌日、幸せの絶頂にいたメルが突然姿を消した——。
 僅かな手掛かりを頼りに、メルの行方を必死に追うケイン。
 FBI捜査官・ルナと共に、メルを監禁する犯人と対峙したケインは…!?
 さらに感動の最終章では、愛を全うした彼らの生涯を描く。
(amazon.co.jp 作品紹介文より引用)

【つづきは感想です☆】
 
Read More »

【17.05.01.】更新[B-Romance]

かなり久しぶりですが、短編をupしました。
前のサイト更新が去年の8月頭、桜のお話完結させて、それっきりだったんですね…;
この秋・冬と何やってたんだろうと振り返ってみても思い出せない…。
とにかく創作に時間を割くことがほとんど出来ないまま、気付いたら春になってました…あれ?;

今回upしたのは習作なので、何かと些末な部分があるかとは思いますが、お目こぼしいただければ、と…。^^;
先般ブログでお話していた【書いたことのないお話を楽しんで書こうよお題企画】の課題です。

お題おさらい☆
■今まで書いたことのないお題で作文楽しんでみよう!
■原稿用紙換算枚数30-50枚
■To-ya限定お題「ライトなワンライトラブ」


ライトとかワンナイトラブとかになったのは、BLジャンルの小説賞投稿の書評でもれなく「Hシーン」の項目だけ著しく陥没低評価だったからなわけで、自分の割にはものすごくものすごくものすごく(後略)頑張った……つもりだったんですが、一度だけ読み返したら全然色気ないわー、と嗚咽りました……。orz
使用枚数48枚、ギリ……ということで、肝心の濡れ場が端折りまくりな作品になってしまってお題消化失敗したんですが、自分のダメな部分がたくさん分かってよい勉強になりました。
とにかく起承転結の配分が悪い、とか(起で文字数使い過ぎてる)
読み返したときに、書いているときには気付けないくらいちょこちょこと神視点が入っちゃってるわー、みたいなところとか。

そこに意識が向いたのは、創作仲間さんが譲ってくださった指南本のおかげなのですが、私はしばしば

【例】
俺が怪訝そうに目を眇めると

みたいな、視点のブレが出てしまいがちのようです。
一人称「俺」視点なのに、なぜ怪訝「そうに」と他人事のようにほざいておるのか! と(笑)
視点人物が知り得ないことを語る、みたいなあからさまな視点のブレは随分なくなったと自分で思っているのですが、こういう感じで一文の中にほんのちょっと紛れ込む、というのがまだまだたくさんあるなあ、と自己分析…まだまだ書く練習が足りませんね…。

あとは、『君の名は。』の新海さんのtweetで、ビートシートなるものを知りました。
上述の指南本にも「ビートシート」とは表現されていませんが、類似というか、

ビートシート:登場人物の感情の山場と谷間
指南本:1章内にあるストーリーの山場と谷間

みたいな感じで、登場人物の心理=読者の心理と出来事との両方に、読者が中だるみして飽きないよう緩急をつける、序盤で提示した謎を明かすことで次なる謎を読者に提供する、などなどなど、物語の強弱についても色々考えさせられました。
短編だと、その山場は1ヶ所でいいみたいですが、その1ヶ所すら盛り上げられてないなあ、と自己分析した次第。
理屈はわかっても作品に反映されないのでは意味がないので、マイペースの牛歩ですが、ぼちぼち鍛錬を積もうと思います。

サイト用の次の連載物をちょっとずつ書き進めていたのですが、上述の指南本を読んだら全部ぶっ壊して一から構築し直したくなりまして。^^;
あと、進撃2期で忙しい(マテ;
かなりインプットが足りないと、このごろひしひしと感じるので、とにかく人の作品や商業作品、ジャンルを問わずいろいろ吸収して、アウトプットしたいという衝動が抑えられないというくらいまで高まらないとよいものが書けないんだなあ、と、これもまた指南本を読んでいて痛感しました。
読書量が足りなさ過ぎるなあ、と。

オススメの作品があったら、ジャンル問わずでぜひぜひ!
教えてください!><
(最近、こればっかり言っている気がする…)
 

【17.04.09.】生存報告[B-Romance]

久し振りにブログ管理画面を開いたら、前の更新が2月になっていて「あ…?;」ってなりました…あ…??;;;

そんなわけで、取り敢えず虫の息で存命です…進撃2期で息絶え絶えです…。
久々に兵長モードの神谷さん聞きましたが、ちょっと前まで文豪ストレイドッグスを2期まで一気視聴していたので(文ストでは確か乱歩さん)、
「ちょ、乱歩さん何気取ってんすかw」
とツッコミ入れながら観ていられたのもつかの間、あっという間に奈落の底へ落とされました…原作知っているにも関わらず…;
原作のすばらしさあってこそだとは思いますが、登場人物たちが動き、しゃべり、そしてアニメなので当然色も付き…壮絶さが何倍にも増しますね、視覚的・聴覚的に…。
昨晩の2話では、なぜかサシャの「走らんかぃ!」でブワッと泣けてしまって、そんな自分がブキミでした…。
頭の中でスカリー捜査官が「あなた疲れているのよ…」って言うので視聴後寝たら夕方まで寝倒してました…。orz

このところはラノベ作品や文芸作品を読み漁っていたり、上述のとおり見損ねていた好きアニメをhuluで見狂ったりなど、インプットばかりしてます…。
ストック・ゼロ継続中…(いろいろアカン)

フォロワーさんからオメガバース作品を勧められて読んだらオメガバースに嵌りました…書きたいという方向で。
読むほうは、それからいくつかの作品も読んでみたんですが、基本的には番(という設定)に翻弄されるお話が多いんですね。
なんというか、本来がそれなのでそういう話が多いのは当然で良し悪しの話ではないんですが、読んでよかった、と感動するお話とは、フォロワーさんからお勧めいただいた作品以降はまだお見かけしておりません。
(オススメありましたら是非教えてくださいー)
お気に入りになったΩ作品の何がドツボだったかと言うと、

生まれ持った性なんかに振り回されるものか。ボクはボクの意思で番を決める。
『魂の番』があると信じる。好きな人と番になる。

という、抗う心にものすごく心動かされまして。
そういう作品、書けるようになりたいなあ、と書きたいものばかりが増えていく…。
(註:書けてない)

好き嫌いがかなり分かれるジャンルらしいので、いつかサイトで落書きしたのをupできるといいな、と。
いつになるんだろう…?;

そんなこんなで、取り敢えず血尿騒ぎが治まり体調がよくなってきたのはいいんですが、ここ数日の悪天候で全身痛に拍車掛かっていて気を紛らせるために餌補給みたいな感じで読み勉ばかりしていますが、いい加減にエンジン掛けないと、このままダメな人間になりそうで怖い…がんばって人間になります…っ
 

【17.02.28.】生存報告[B-Romance]

前記事が「明けましておめでとうございま…した」でした…。

生きてます。笑

本日は自分の備忘録を兼ねた近況報告を。

このところひたすら黙々と壁打ち状態で1月中には脱稿しようと思っていたものを書きおろしていました。
相変わらず予定は未定の末にギリギリ間に合うかどうかという投稿物件…。
電子で配信していただいた『やさしい時間』の後日談を、これ単体でも読める形で書いています。
そして昨日、BLクラスタの皆さんと勉強会だったのですが、それに間に合うようにと思っていたのに結局脱稿できず…;
昨年末から体調がかなりすぐれず、1週間前から血尿酷くて養生優先していたらこの体たらく(でも人には会いたいので這ってでも会いに行く。笑)
梗概を先に仕上げていたので添削していただきました。
相変わらず皆さん、本当に削除の達人…私は無駄に文章が長く無駄な修飾が多いので、いつも皆さんに助けていただいてます。
秋口にはなんらかの形で読んでいただけるといいな、と……残り、あとは最大の鬼門=濡れ場のみ…(まだできてない)

最近はやりの傾向の話だとか、私はつい最近ようやくオメガバース切ない!と目覚めたなんて話とか(笑)、腐談義に始まり、あとはやはりヘアスタイルみんな(私以外;)変わったよね、というオシャレの話とか、もう多岐にわたり刺激を受け、「ほほう」と唸らされる貴重な情報や金言もいただいてきたり、何より皆さんのプロットがものすごい完成度で! 本文読みたくなるようなtipが満載のプロットがすごくって!
毎度のことですが、本当にもう一方的に知恵や貴重な資料をいただくばかりで何も還元できず、という口惜しい想いもしてまいりました…。

二次語りにも花が咲き。笑
今年は二次yearなのか。笑
私は4月に進撃2期で発狂しそうです(もう二次作文は書かないと思いますが)

あと、「傾向が分かりやすい人」と「分からない人」がいるよね、と、メンバー内の中で、誰それさんは好きな作品はこういう傾向、書く傾向はこういう感じ、という話にもなり。

【身内緊急(?)お題企画】
今まで書いたことのないお題で作文楽しんでみよう!

ということで。
【みんなへの次の楽しんで書こうよお題企画】
■共通:30-50枚
◆Aさん:オネェ×オネェ(オネェキャラは書いたことないわ…;)
◆Bさん:サイコパス(グロは自分で書こうとするとつらくって…;)
◆Cさん:ケンカップル(寡黙好きなんでしゃべくり倒す攻とか書いたことない…;)
◆Dさん:ケモミミ孕み(獣でいいよね…獣人とか分からなくて…あと孕むってのも分からなくて…;)
◆To-ya:ライトなワンライトラブ(重い話しか書けん…エロ書けん…;)

なんだろう、このドMな企画……。

次に集まるときは、とりま投稿お疲れ様会、そのあとにお題作文出し合いましょうぞ!
という話になったので、忘れないようにビボ…。
わんないとらぶってなんですか…?(既に死亡フラグ)

原稿用紙換算で30-50枚、1.2-2万文字の短編なので、またサイトに飾れたらいいなあ、と。

must感覚で書いている自分が長い気がします。
お題小説しようよ、という鬨の声は、久々に「楽しもう!」という気持ちを思い出させてくれました。
不特定多数の自分には見えていない読み手さんを意識し過ぎて、自分が何を書きたいのか、という部分を見失っていた気がします。
自分の傾向を振り返る余裕もなかった…いろいろと刺激をくださる創作仲間さんには感謝に堪えません…。

取説になりがちな自分、その辺も分かってくださっている皆さんが、
「藤夜さんは背景とか設定とか考えないで、もうワンナイトラブで!笑」
と、明確な指定をくださったので、気楽に楽しんでみたいと思います。笑

これで新境地が開けるといいなあ…。

あと、またいっぱい本を貸していただけました!(わーい)
読み勉もしたいです。あまりにも読書不足…最近は特に文芸ばかり読んでいてBL読んでない…ので、いろいろ精進します。
 

【17.01.22.】生存報告[B-Romance]

明けましておめでとうございま……した……(完全過去完了形)
イエゴトでばたばたしていたり別件に手を付けていたりなどですっかりご挨拶するタイミングを失ってましたが、今年もよろしくお願いします。

これまで使っていたツイッターのアカウント、あまりにも創作と関係ない呟きが多いのと、呟く頻度が酷過ぎるので(笑)、自分の発信した情報が埋もれてしまうという弊害が…と思ったので、情報専用アカウントをサイトやブログにリンクさせました。
オススメの映画作品や書籍コミックアニメetc、少しは宣伝の一助になればいいな…こ、今度こそ(個人的な日常ツイで情報埋もれ過ぎてる旧アカウントがツラい…)

旧アカウントではnot腐の方にもフォローしていただいていたり、こちらもフォローしたりしていたので、追って新アカウントでフォローに伺わせていただきます。
新アカウントでは、極力腐発言控えようかと(自他作品の宣伝RTは控えない予定)
腐作品に関しては、RTしても私の好むBL作品はエロより恋愛要素主体の作品が多いので、not腐属性の方に於かれましては、自己判断でRT先のご確認を判断していただければと思います。
腐物件以外についても、ドギツイ性描写の作品はRTすることないと思うので、当方と交流のある方に過度な不快感を与えることはないだろう……と祈りつつ、新アカウントでもよろしくお願いします。
 

【16.12.30.】年末のご挨拶[B-Romance]

あっという間に今年も残すところわずか1日となりました。
ご無沙汰してしまいましたが生きてます…。

ちょっと日常に追われて創作自体から離れている感じでつれづれを書くネタもないという。
師走に入って程ないころから急に冷え込んだ気がします;
また肩と腰を悪化させまして、家事をこなすので精いっぱいなこの頃です。
と言いつつ、1時間おきに休憩取りつつ、読み勉したりついった遊びしたりして気を紛らせていますが(笑)

今年は電子書籍用のお話を書くことで精いっぱいになっていて、サイトの更新が滞ってしまいました。
そしてまだ何もストックがない…ぁ…;

来年も相変わらず牛歩だとは思いますが、自分なりの精いっぱいで、『量より質』を目標に精進していこうと思います。
BLに関しては、7年コツコツと勉強しつつ書く練習してますが、ポルノジャンルなのでどうにも成果が…。^^;
某出版社の文芸レーベルでBLっぽいお話が最終選考まで残っているのを見掛けたので、そっちのほうがまだジャンル的に合っているのかなあ、と思いました。
ずっと男性同士の同性愛を扱うジャンルは全部BLだと思っていたのですが、三浦しをんさんの作品を紹介してもらい、実はそうではないと初めて知りました。
恋愛ジャンルで文芸レーベル、という方向になるんですね。
異性愛同性愛問わず「恋愛」を書きたいので、来年はそちら方面のチャレンジをしたいな、と思います。
あまりにも文章がラノベラノベしているので、まずは文芸的文章の読み勉から、という、初歩の初歩からの勉強になるのですが、千里の道も一歩から…時間の許す限り頑張りたいと思います。

来年も鈍足スタートになるかと思いますが、お付き合いくださると幸いです。
本年もお付き合いくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年が皆様に幸多き一年でありますように…。

よいお年を!
 

【16.11.16.】『二重螺旋』感想[BL]

二重螺旋 吉原 理恵子・著

あらすじ:
 父の不倫から始まった家庭崩壊―中学生の尚人はある日、母に抱かれる兄・雅紀の情事を立ち聞きしてしまう。
「ナオはいい子だから、誰にも言わないよな?」
 憧れていた自慢の兄に耳元で甘く囁かれ、尚人は兄の背徳の共犯者に…。
 そして母の死後、奪われたものを取り返すように、雅紀が尚人を求めた時。
 尚人は禁忌を誘う兄の腕を拒めずに…!?衝撃のインモラル・ラブ。
(amazon内「BOOK」データベースより引用)

【つづきは感想です☆】
 
Read More »

【16.11.04.】電子書籍配信のお報せ[B-Romance]

粗方の電子書店様から4作目の電子書籍が配信されたようです。
↓取扱い電子書店一覧
http://paranoia0712.web.fc2.com/b-top/b-works.html
毎度安定の腐女子受け悪い「これBLじゃない」な内容ですが、作者としては性描写がカルピス希釈50倍なだけで普通に恋愛だと思って執筆してました(笑)
not腐女子さんの方から、「BLとだけに一括りに出来ない、難しい社会問題をテーマにした恋愛小説」と作品を紹介していただいた段階で本懐遂げた気分でした。
ありがとうございました。m(_ _)m
(自分では社会派と自負できるほど御大層なものでもないと恐縮してます...)
not腐女子さんの方にも読んでいただけたらいいな、と思いつつのお報せでした★

――と、これほとんど2作目の配信告知のときにupしたブログ記事をまるっとコピペ状態で…汗
似たような傾向の話ばかり書いているのだな、と反省の思いで振り返る…。
次作のプロットはできているので、「は!?」というくらい傾向違うので、また…半年後くらい?(遅)
には、納品できるといいなあ、と思いつつ、今はラノベ物件とシナリオ物件に時間取られていて、こちらジャンル書けてないです…。

人によっては、自作語り苦手という人もいらっしゃるかと思うので、以降、追記記事という形で目隠ししつつ…。

【続きはネタバレ込みのあとがきもどきです】
 
Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Contents

Top
About
Novels[BL]
Works[BL]
Other
Message
Connect
Link

ウィジェット

プロフィール

藤夜 要

Author:藤夜 要
Home Page:Paranoia(PC閲覧仕様)

最新記事

カテゴリ

Memo (59)
Works (4)
Reviews (2)
*** (0)
*** (0)
*** (0)
*** (0)
*** (0)
*** (0)
*** (0)
*** (0)
*** (0)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード